朝礼ネタ 自信過剰になりやすい瞬間

人には心や感情があり、
それが行動に大きな影響を起こします。
その中でもマイナスの影響をもたらすものの1つに
「自信過剰」が挙げられます。

では、人は、どのようなときに
自信過剰になってしまうのでしょうか。

特に、多くの人が陥りやすいのが
物事を覚えたばかりのときや、
できるようになったときです。

人は物事を「理解した」とか
「できるようになった」と感じたときに
自身を得られるのですが、
これ自体、悪い事ではありません。

でも、これが行き過ぎると自信過剰になり、
物事を見る目を曇らせて、
油断が生じやすくなります。

ですので、何かを習得したときほど
より一層、集中力を高めて
物事に取り組むようにしていきましょう。