朝礼ネタ 子どもがYouTuberになりたい…と言ったら

みなさんは、自分の子どもが「YouTuberになりたい」と言ってきたらどうしますか?

もし、私ならとりあえずやらせてみようと思います。YouTuberをやるにせよ、何にせよ、そこで何かを成した…という経験が必ず後に繋がります。特にYouTubeの場合は、カメラの前で話し、動画を作り上げたものが、再生回数やチャンネル登録者数などにより結果で表れますよね。より良い動画を作り、評価を得ようとしたら、それ相応の工夫やプレゼン能力が必要になります。こうした技能を鍛えるのにもちょうどいいでしょう。

さらに、親が積極的に関わっていくことで親子のコミュニケーションにもなるほか、リテラシーの面でも正しい方向に導くことが可能です。特に子どもは吸収が早いですし、自発的にやってみたいと思っていることなら、それだけ色々なことをやろうとしてくれると思います。

これは、私たち大人にも同じことが言えます。好奇心を持って行動をすることが何よりの学習に繋がりますし、それを認めてサポートしてくれる人の存在は非常に大きいです。ビジネスにおいても、このような場が構築できるように工夫をしていきたいと思います。