朝礼ネタ 「思考の誘導」に関する三分間スピーチ その2(ついで買い)

さて、これから私が、いくつかの単語を挙げていきます。
その後、みなさんに対して質問をしますので、
ぜひ、頭の中で考えてみてください。
(実際のスピーチでは誰かを指名したほうが良いです)

ではいきます。

車。自転車。バイク。船。ヨット。
では、空を飛ぶものと言えば何が思い浮かびますか?

おそらく飛行機やヘリコプターなどの
乗り物を想像された方がほとんどではないでしょうか。
でも、鳥や虫だって空を飛びますよ。
真っ先に鳥や虫が思い浮かんだ方…いらっしゃいますか?

もし、私が最初にこんな風に言っていたら
きっと答えは変わっていたと思います。

犬。猫。ウサギ。サル。タヌキ。
では、空を飛ぶものと言えば何が思い浮かびますか?

こうすれば、「鳥」と答えたり、
「スズメ」や「カラス」などの
鳥の種類を思い浮かべる方が増えたことでしょう。

人は知らず知らずのうちに
思考を誘導されてしまうことがあります。

たとえば、仕事帰りに
ふと「カレーを食べたい」と感じていたとします。
それはもしかすると、どこかでカレーの匂いを
嗅いでいたからかもしれません。

このような思考の誘導を
ビジネスに活かしている事例はたくさんあります。

たとえば、コンビニのレジ横にある駄菓子。
全然買う予定の無かったのに、何となく欲しくなって手に取ってしまった。

こんな経験はありませんか?
いわゆる「ついで買い」というものですね。

レジ前というのは、お財布を広げるという購買意欲の高いタイミングです。
しかも、店員さんとのやりとりの間に
ちょっと手持ち無沙汰になっています。
こんなとき、ついつい手を伸ばしてしまいます。

私は今まで、販促や宣伝について考える際、
何か強い印象を与えて、引き込もうとする手法に目が行きがちでした。
でも、コンビニの事例のように、こちらで仕掛けた流れに沿って、
自然な形で誘導を促すような販促…。
このような手法についても、しっかりと検討をしていきたいと思います。

マジシャンが教える心を誘導する技術(単行本)
マジシャンが教える心を誘導する技術(Kindle)

朝礼ネタ:思考の誘導1(選択肢)
朝礼ネタ:思考の誘導3(松竹梅)