朝礼ネタ 緊急地震速報

先日、一部の地域で緊急地震速報が鳴りました。偶然にも2箇所同時に小さな地震が発生したことにより緊急地震速報が動作しただけで、特に大きな地震が起きたわけではありませんでした。ただ、その後にTwitterを見てみると、一部の書き込みに「速報が鳴ったのに何も起きなかった。ふざけんな」とか、「何も起きないなら鳴らすなよ。もういらないんじゃない?」という不満の声が上がっていました。

これも何事もなかったからこその反応ですね。きっと、地震があれば反応は大きく変わるでしょう。でも、さすがに「もういらない」という声には疑問が残ります。緊急時には、数秒の差が行動に大きな影響をもたらしますから、欠かせないものであることはいうまでもありません。そこまで言う人については、普段からあまり対策していないのかな…とさえ感じてしまいます。

私たちは、ビジネスにおいても、プライベートにおいても「万が一のときの備え」が欠かせません。万が一なんてない方が好ましいのですが、それでも起こり得るのが事実です。万が一のときには、「何もなくてよかったね」と笑い、起きてしまっても、備えをしておいて良かった…といえるだけの準備は整えておきましょう。これが、リスクマネジメントの考え方の1つです。