朝礼ネタ 地震病に関する一分間スピーチ

東日本大震災によって、色々な混乱が起きています。
この辺りでは、大きな揺れ・停電があった程度で済んでいますが、
それでも、「地震病」になっている人が多数いるようです。

地震病とは、地震がないにも関わらず、
地震が来たと錯覚するような揺れを感じることです。
私も、あの大地震以降、「揺れたかな?」と感じたけれど、
自分が揺れていただけ、自分が感じただけということ方がよくあります。

中には、その地震病によって吐き気を感じたり、
頭痛や眩暈がするという方もいらっしゃるそうです。

あまり地震の被害が大きいとは言えないこの地域でも
地震病の症状が出ている人が多いのですから、
震災地の方々は、それ以上の不安を感じていると思います。

地震病の対策はゆっくりと、リラックスをすることなんだそうですが、
避難所などにいる方には、難しいことでしょう。

私たちができること・・・物資については賛否両論などので、
おそらく募金や献血が一番なんだと思います。
少しでも早く復興し、不安が取り除けるようにしたいですね。

地震関連スピーチ:地震と通電火災
地震関連スピーチ:災害時の救援物資について
地震関連スピーチ:震度とマグニチュードの違い

親子で学ぶ地震安全マニュアル(発生前からアフターフォローまで)