朝礼ネタ スピーチ原稿作成時に意識すること(今の私は構成)の一分間スピーチ

私が一分間スピーチを行うときに
最も意識しているのは構成です。

これが1番大切だからというわけではなく、
1番苦手だから意識をしていると考えてください。

たとえば、アウトプット(本番)なども大切であるとは思うのですが、
ある程度の力が付いてくれば、無意識のうちにできてしまうものです。
もちろん、構成についても慣れれば問題なくなるのでしょうが、
構成が苦手な私は常に気を配っています。

「構成がしっかりすれば、一定水準以上の内容になる」
というのは、大学時代からの持論です。

私の一分間スピーチの内容は
経験談・主張・紹介の3パターンくらいに分かれます。
ちなみに、今回の場合は主張ですね。

この3つのパターンにはそれぞれ
おおまかな流れを割り振っています。
たとえば、今回のような主張であれば、
「主張・理由・詳細・効果」の順番です。
あとは、最後に結論を付ける場合と、そうでない場合がありますし、
順番が前後することなどもありますが、大きく変わることはありません。

このように、基本的な骨組みに沿って話を肉付けしていけば、
筋のとおった話になり、ある程度のレベルの話を創ることができると思います。

みなさんも是非、自分の流れ・構成を考えてみてください。

====================================

レポートの書き方にも同じことが言えます。
「報告は結論から話せ」というのも構成の問題です。
お笑いのネタだって構成が大切です。
いきなり結論(オチ)を持ってくることはありません。