朝礼ネタ 朝、起きるのが苦手な人へ

私は、朝の目覚め方で失敗し、体調を悪くしていた経験があります。私は朝が苦手で、目が覚めたばかりのときは、頭も身体もろくに働きません。学生時代は、それでも無理をして起きようとしていたところ、日中にまで影響を及ぼすようになっていました。

これは何事にも言えるのですが、何の準備もできていないうちから急激に物を動かそうとすると、故障の原因になります。たとえばパソコンのシャットダウンも同じです。プログラムがパソコンの電源を切るための準備をしてからパソコンの電源を落としていますよね。人間もこれと同じで、しっかりと身体を動かせる状態になるまで準備をしてから動き出すことが大切です。

私のように朝が弱い人は、目が覚めたら横になったまま身体を動かすことをお勧めします。たとえば、腕や脚をパタパタさせる、グーッと伸びをする、うつ伏せになり手で身体を持ち上げ背中をそらす、手で全身を擦っていく…といった形です。こうして身体を動かすための準備を整えれば、1日を快適に過ごせるようになります。朝が苦手な方はもちろんですが、そうでない方も含め、人の心や身体を動かすにはウォーミングアップなどの準備が必要であることを意識しておいてください。