5月12日の朝礼ネタ ナイチンゲールデー(看護の日)

本日、5月12日はナイチンゲールデー、
および看護の日に制定されています。

そこで、今回は医療・看護に関するお話をしたいと思います。
早速ですが、みなさんはケアとキュアの違いをご存知でしょうか?

まず、ケアは世話、看護など、
医療的・心理的援助を含むサービスです。

一方おキュアは治療、治癒、
さらには対策や解決という意味があります。

では、医療として理想的なのはどちらでしょうか。
これは言うまでもなくキュアです。
私たちの改善や問題解決にも同じことが言えますが、
病気やケガを根本的に解決することが理想になります。

でも、生活習慣病などの慢性的な病気や、
性格からくる心の病気などが増えてきている昨今では、
根本的な解決が困難なケースも多いです。

そのような場合は、ケガや病気と
上手に付き合うことも大切になってきます。
病気と付き合っていくわけですから、
その管理対象は病院だけでなく私生活にも広がっていきます。

そのため、医療や看護の世界では、
患者の健康状態だけでなく、家族の健康や家庭環境など、
あらゆることを理解することで、より適切な治療を行う
「家庭医」の存在が注目されています。

こうして、個人を理解することで
目的を果たしていく考え方は、
ビジネスも医療も同じなんですね。

もし、私たちがお客様個人を理解できるようになれば、
よりその方に適した提案ができるようになります。
それにより、お客様が抱えている問題を解決することができれば、
満足度を高め、リピーターやファンの獲得に繋がっていきます。

ぜひ、私たちもかかりつけの医者や看護師のように、
より身近な立場でお客様の問題を解決したり、
何でも相談してもらえるように信頼を得たりと
良い関係を構築できるようにしていきましょう。