朝礼ネタ 「スキルシェア」という考え方

みなさんは「スキルシェア」という考え方をご存知でしょうか。その名のとおり、自分が持つスキルを共有することを言うのですが、たとえば人に何かをレッスンしたり、掃除や家事などの代行をしたり、イラストを作成したりすることなどが挙げられます。その特徴は、何といっても「C2C」という点にあると思います。

有名なサービスとしては、ストアカ、サイタ、ココナラなどが挙げられ、2018年の春からは、あのメルカリがteachaというサービスを始めると言われています。このteachaも含め、特に最近は人に何かを教えるレッスンという形のスキルシェアが伸びてきています。スクールよりも安く、マンツーマンや少人数、さらに短時間で自分に合った時間を選べるなど、気軽さがひとつのウリになっているのだと思います。

ネットが普及してからというものの「シェア」という行為が当たり前になってきましたね。消費者は商品の情報をシェアしますし、その口コミやレビューを探してから商品の購入を検討する人もいます。ですので、商品についても、サービスについても、ますます手を抜けない時代になった…といえるかもしれません。

しっかりとやるべきことをしっかりと実行し、今まで以上に確実な仕事を進めていきたいですね。