朝礼ネタ 「きょうよう」と「きょういく」

退職後の高齢者に必要なものとして、よく「きょうよう」と「きょういく」の2つが挙げられます。これは、私が言ったとおりの「教養」と「教育」ではありません。「今日用(きょう、よう)があること」と「今日行く(きょう、いく)場所があること」です。この2つがないと、人生に張り合いがなくなりますし、家の外に出るきっかけもなくなります。その結果、退職後に家に閉じこもることになってしまうのです。

これは、私たちにも当てはまると思います。普段から休日に用もなく、行く場所もなければ出かけることもない…。これが習慣化すると退職後にも続いていきます。

このように人は、目的を持つことによって人生に張り合いを見出すことができます。これは仕事も同じです。自分が働く目的、そして会社が掲げた目標を達成する目的などを明確にすることでモチベーションが高まり、張り合いが生まれていきます。

いつまでも自分が行動する理由をしっかりと意識していきたいですね。

<その他の朝礼ネタ>
高齢者が多く集まる店舗や教室の場合は、「私たちのお店(教室)が、ご年配の方々の用や、行く場所となるようにサービスの向上や提案を…」といった話に持っていくこともできます。