12月1日の朝礼ネタ デジタル放送の日

今回の朝礼ネタは「デジタル放送の日」についてです。12月1日だけの朝礼ネタではなく、いつでも使える内容になっています。主なテーマは「相手に納得してもらうこと」です。

ここから朝礼のネタ

本日、12月1日はテレビ放送に関連が強い日となっています。まず2003年12月1日に三大都市圏にて、とあるものが始まりました。さらに2006年12月1日は、全国にて、それがスタートしています。さて、一体何か、お分かりになりますでしょうか。実は、12月1日は、地上デジタル放送の本放送が始まった日なのです。

一時期、地デジ化などと騒がれていたのも懐かしいですよね。今やすっかりと当たり前になったデジタル放送ですが、当初は「デジタル放送にしても意味がない」などの批判も多く見られました。何事も、慣れ親しんだものを壊して、新しいものを始める際には批判や疑問がつきものです。これは組織内での開発段階から同じことが言えるでしょう。

それを解決するためには、会社や相手にとってのメリットを的確に示し、しっかりと実感してもらうことが大切です。たとえば、具体的なデータを示したり、すでにある問題や事例を挙げることなどが挙げられますね。

重要なのは「相手に話すこと」ではなく、相手に納得してもらうことです。ですので、「どうすれば相手が納得するのか」「もし、自分ならどうしてもらえれば納得できるのか」などと考えた上で、しっかりと準備を行い、説明や説得を行うようにしていきましょう。