3月3日の朝礼ネタ 3の日

本日は3月3日です。

みなさんは3という数字にどんなイメージを持ちますか?
実は、人に「好きな数字は何ですか?」と聞くと
「3」という答えが返ってくることが多いという
統計も出ています。

3という数字は、実にしっくりとくる数字ですよね。
「日本三大ナントカ」のような言い回しはもちろん、
日本三景、三種の神器、三位一体、三原色などのような表現もあります。
さらに、「早い・安い・旨い」の三拍子そろったとか、
赤いのは3倍とか、3の倍数でアホになる…なんていうものもあります。

この3という数字はコミュニケーションに役立つ数字でもあります。
たとえば、人に何かを説明するときも、
「今日は3つのことについてお話しします」とか
「重要なポイントは次の3つです」などのように3つにまとめると、
ちょうど良い印象を受けると思います。

特に、話し始めのときに「3つ」と宣言することで、
聞き手に対してゴールを見せることになるので、
集中して話を聞いてくれるようにもなります。

このように3という数字は、
人知れず、人にさまざまな印象を与える数字です。
ぜひ、上手に活用していきましょう。

<そのほかのネタ>
3の日にちなんで、3がつく諺を取り上げたり、
三大○○をネタにしても良いと思います。

  • 石の上にも3年
  • 三つ子の魂 百までも
  • 早起きは三文の得
  • 三度目の正直
  • 三人寄れば文殊の知恵