2月28日の朝礼ネタ 2月が28日しかない理由

今回の朝礼ネタは「2月が28日しかない理由」についてです。2月では大人気の話題となります。主なテーマは「習慣やルールの覆り」についてです。

ここから朝礼ネタです

本日は2月28日です。
みなさんは、なぜ2月だけが
28日しかないのかをご存知ですか?

実はもともと、1年の最後の月が2月だったと言われています。
そして3月は31日、4月は30日、5月は31日、
6月は30日、7月は31日と、大の月と小の月が交互に来ていました。

また最後にくる2月だけは、
その余りの分だけの日付になっています。

ただ、この計算だと2月は29日になるはずなんです。
では、なぜ28日になったのかというと
1日を8月に取られてしまったのです。

当初は8月も順番どおり30日だったのですが、
ローマの初代皇帝アウグスタスが、
それを変えてしまったといわれています。

まず、アウグスタスは自分の生まれた月を
自分の名前であるアウグスタスという名前に変更しました。
これを英語にするとオーガストとなります。
そして、自分が生まれた月が30日しかない
小の月であることを嫌がり、
年末の2月から1日持ってきてしまったのです。

これがきっかけで2月は28日になった…と言われています。
ただ、インターネットで確認したものなので、
これが確かな説かどうかは不明です。

ですが、世の中には意外とくだらないことから
名前やルールが決まったものがたくさんあります。
それほど簡単に人の習慣やルールが
覆ってしまうとも考えられるでしょう。

当社にもさまざまなルールや文化があります。
これを破ったり、サボッたりし始めると、
その意味が途端に崩れてしまうことでしょう。

もしかすると、ふと何気なくとった行動が
大きな影響をもたらすかもしれません。
社会人たるもの、自分の言動には
しっかりと責任を持てるようになりたいですね。

参考:http://www.nao.ac.jp/faq/a0308.html