1月28日の朝礼ネタ 逸話の日

突然ですが、みなさんに質問です、
世界で初めてフランチャイズによる
展開を行った企業はどこでしょうか?

正解はケンタッキー・フライドチキンです。

ケンタッキーと言えば、カーネルおじさんこと
カーネル・サンダースですよね。

ケンタッキー・フライドチキンの創始者である
カーネルは若いころに40種もの職を転々としたそうです。
およそ30代後半ころから経営を始めたのですが、
大恐慌のあおりを受けて倒産するなど
なかなか苦労をされていたそうです。

そして、40歳になってからは
サンダース・カフェという喫茶店を運営しはじめ、
50歳ほどにしてオリジナル・フライドチキンが完成しました。

そんなカーネルは、60歳を過ぎてから
各地のレストランにフライドチキンの調理法を教えて
歩合を得るという新しいビジネスを始めます。
これが、フランチャイズの始まりと言われています。

そのビジネスも初めはうまくいかなかったそうですが、
フライドチキンの味に絶対の自信を持っていたことと
諦めずに営業を行ったことから少しずつ取扱店舗を増やし、
現在のような大企業にまで発展することとなりました。

こうしたカーネル・サンダースの逸話からは、
キラーコンテンツの重要性、再三の失敗からの復活など、
さまざまな学びが得られます。

本当はもっともっと詳しく
ご紹介したいところですが、時間がありません。
ご興味のある方は、
ぜひインターネットや書籍などで確認してみてください。

ちなみに、余談ですが本日1月28日は
「1・2・8」の語呂合わせで逸話の日に制定されています。
本日はこれをきっかけに
カーネル・サンダースの逸話をご紹介させていただきました。