朝礼ネタ 音が鳴る靴・光る靴

たまに小さな子どもが歩くとキュッキュと音が鳴る靴を履いていることがありますね。最初は、可愛いなぁ…と思って見ていたのですが、自分が親の立場になると、子どもが動き出したことを知らせる合図になるので、非常に重宝しています。2歳や3歳の子どもなんて、ちょっと目を離すと何をするかわかりません。

同じような理由から歩くと光る靴も便利です。あまり明るいと意味がありませんが、それでも最近はLEDが発明されたことで、かなり明るい光を放つため、子どもの居場所を知らせる役割を持っています。これが、事故の回避にもつながりますので、とてもおすすめです。

これは、ビジネスにおける「見える化」に通じるものがあると思います。「見える化」というのは、大切な情報が自然と目に飛び込んでくるような環境にすることであり、自分から情報を見にいかずとも目に付くようになりますので、意識づけや気づきに便利な取り組みです。情報共有はもちろんですが、リスクマネジメントにもつながりますので、快適な職場づくりのヒントとして、ぜひ意識していきましょう。