朝礼ネタ 気になる年齢と健康(4)歩くこと・ウォーキングに関する一分間スピーチ

よく歩くのは体に良いと言いますね。
実は、歩くことは体だけでなく
認知症の予防にも良いというのをご存知ですか?

このときのポイントは外を歩くことです。
外を歩くことで色々な視覚情報が脳に入ります。
この刺激が認知症の防止につながるらしいです。

では、もう1つ。
1日の中で、ウォーキングはいつ行えばいいと思いますか?

まずは、朝です。
朝に運動をすることで体内時計を正確にし、
生活のリズムを作ることができます。

もうひとつは夕方です。
こちらは意外と思う方も多いと思いますが、
夕方のウォーキングは睡眠前のリラックス効果に繋がります。
夕方に上がった体温が夜にかけて下がっていくのですが、
この体温の上昇と下降や睡眠がリラックス効果をもたらしてくれるそうです。
逆に、夜のウォーキングは脳や体を刺激するので控えるようにしてください。