11月23日の朝礼ネタ 勤労感謝の日

今回の朝礼ネタは「勤労感謝の日」についてです。11月3日だけの朝礼ネタではなく、いつでも使える内容になっています。主なテーマは「勤労を尊び、生産を祝い、国民たがいに感謝しあうこと」です。

ここから朝礼のネタ

本日は勤労感謝の日ですね。その趣旨は、「勤労を尊び、生産を祝い、国民たがいに感謝しあうこと」にあります。簡潔な言葉ですが、勤労において重要な要素がシンプルにまとめられた言葉だと思います。

でも、意外とこれができていない人もいらっしゃいます。その分かりやすい例が、店員に怒る客です。時と場所が変われば、自身もお客様を抱える社会人…。そんな方が店員に辛くあたるのは残念に思います。

人は、誰しも自分を強く見せたいものです。それ自体は悪いことではないと思いますが、その手段が問題です。店員に強く当たるのは、自分が圧倒的優位な立場でないと人を動かせない人の典型的行動パターンです。たとえば、権力だけに頼ってしか人を動かすことができず、自身のスキルや人間性による影響力をうまく発揮できない人などが含まれます。

少し言い方が悪いですが、店員への攻撃は「人間としての器が知れる行動」となってしまいます。「勤労を尊び、生産を祝い、国民たがいに感謝しあうこと」という言葉にもあるように、社会人にはお互いの勤労を尊び、感謝し合う広い心が必要です。

その心がゆとりや自信を生み、円滑なコミュニケーションや確実な仕事などに結びついていくとだと思います。