8月30日の朝礼ネタ ハッピーサンシャインデー

本日8月30日はハッピーサンシャインデーという記念日になっています。これは、「太陽のような明るい笑顔の人のための日」となっているのですが、今回はある意味反対の笑顔である「つくり笑い」についてお話したいと思います。

私たちは「笑う」という行為を通してさらに感情を増幅させていると言われています。これは、自然と出る笑いだけでなく、「作り笑い」にも同じ効果があるとされています。というのも、口角が上がると、脳が自然と「楽しい状態である」という錯覚を起こし、本当に楽しいという気持ちが生み出されてくるからです。

そのため、テレビを見たり、マンガを読んだりするときに、作り笑いをしているのとそうでない状態とでは、感じられる面白さが大きく異なります。このように、私たちが笑顔でいることや、笑顔でいようとすることは感受性を豊かにすることに繋がります。そのため、普段から笑顔であろうとすることが意外と大切になってきます。

もし、「笑顔が苦手」とか、「今まで笑顔のトレーニングなんてしたことがない」などという方は、笑顔のトレーニングをやってみましょう。方法は簡単。ボールペンを横向きにして唇で加えるだけです。すると、必然的に口角に力が入り、作り笑顔と同じ状態を作り出すことができます。この状態で、テレビを見たり、漫画を読んだりすれば効果はテキメンです。

こうしたトレーニングを積んでおくと普段からの笑顔が出やすくなりますし、とても自然かつ魅力的なものになってきます。ぜひ、普段の笑顔を自然かつ素敵なものにするためにも普段から笑顔のトレーニングを実行していきましょう。