朝礼ネタ 7月23日:文月ふみの日に関する一分間スピーチ

毎月23日は「文の日」になっているのですが、
文月である7月の23日だけは少し特別で、
「文月ふみの日」に制定されています。

郵便局では、この日にちなんだ切手を販売したり、
イベントを実施するなどの取り組みをしています。

実は最近、



私の友人の中に手書きの手紙にこだわるようになった人がいます。
最初は営業の仕事目的で書かされていただけだったのですが、
手書きの良さや、あたたかみを考えたところ、
手書きも悪くない…と思うようになったそうです。

私は、仕事も日常もパソコン漬けなので、
正直、手書きが面倒です。
字がヘタですし、細かいお金もかかります。
書くのに時間はかかるし、間違えるとやり直せない。
相手に届くのにも、返事が届くのにも時間がかかる。

でも、こうして手間暇かけるからこそ、
相手のことをゆっくりと考える時間となり、
相手にとって心に残る文章を綴ることができるわけです。

現在は、パソコンで多くのことを効率的にこなせるようになっていますが、
その分だけ、1人ひとりのために使う時間が減っているのかもしれません。

私たちがお客様や部下を理解し、それに適した行動を取るには、
相手のことを考え、しっかりと観察する必要があります。

手紙を書くのも有効ですし、コミュニケーションを取る際も、
しっかりと時間をかけて、相手のことを考えるようにしたいですね。