朝礼ネタ 7月11日:セブインイレブンの日に関する一分間スピーチ

本日、7月11日は、7と11でセブインイレブンの日です。
今日は、私が学生時代に読んだ
『セブンイレブンの16歳からの経営学』という本についてお話しします。
文庫版 単行本版(レビューはこちらの方が参考になるかも)

タイトルどおり、とても分かりやすく書かれた本です。
本当に10代の学生に、職業観を付けてもらうにも優れた本だと思います。

この本の主な視点はアルバイトです。
アルバイトの仕事だけでなく、アルバイトのモチベーション管理やリーダーシップ、
商品開発力、顧客心理など、話題は豊富です。
本来であれば・・・というか、一般的な会社であれば
社員がやるべき仕事にまでアルバイトが関わっているということにも驚きです。

仕事内容や領域がかなり多岐に渡っていますが、視点がアルバイトのため、
誰が読んでも、そのシーンをイメージできることが分かりやさに繋がっているのでしょう。

私たち、一般の社員も会社に所属している以上、
「経営」への興味・関心は持っておくべきものだと考えられます。
その第一歩として、大変おすすめできる本になっているので、興味のある方は手に取ってみてください。