朝礼ネタ 「プラスはマイナスから書き始める」について一分間スピーチ

みなさんは「プラスはマイナスから書きはじめる」
という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

おそらく、多くの方がプラスを書くときに、
横棒から先に書いているのではないかと思います。
つまり、横棒のマイナスに縦棒を
加えて初めてプラスになるというわけですね。

「プラスはマイナスから書き始める」という言葉を深くまで考えると、
書き方だけでなく、生活や仕事にも
当てはまる事柄が多いことに気が付きます。

たとえば、経営の流れでは、仕入や労働力というマイナスを経て、
売上や利益などのプラスを生み出します。
それから自己啓発などを考えると、時間やお金を消費して、
知識やスキルなどを得たり、目標を達成したりします。
あとは、宝くじのようなものもそうですよね。
くじを購入しない限りは当選することもありません。

このように、人生の多くはマイナスから出発します。
ただ、過去を振り返ることも大切なのですが、
それ以上に未来のプラスに対して
もっと積極的になることが、より大切になります。

今現在、我々が抱えているマイナスのすべてが
未来に繋げられるように努めていきましょう。