8月31日の朝礼ネタ 野菜の日

本日8月31日は8・3・1の語呂合わせで野菜の日です。私の実家では、母が畑を持っていて、ここ数年ほど色々な野菜を育てています。ただ、まだまだ始めたばかりなので手探り状態で作業をしているようです。

ただ、近所に畑を持っている人が多いことや、農家の知り合いがいることもあって、あれやこれやとアドバイスをもらって、うまいことやりくりしています。一応、本やインターネットなどをとおして基本的な情報を調べたり、うまくいかない場合の原因や対処法などを調べてもいるのですが、やはり生の声ほど頼りになるものはないと言っています。

専門家の書いた本などの方が信ぴょう性があるような気もするのですが、近所の方々は、目の前で畑や作物を見てアドバイスをくれますからね。それだけ的確な情報をもらえるのだと思います。

これは私たちのビジネスも同じです。状況を正確に把握して対処をするには三現主義と言われる現場・現物・現実を自らの目で知ることが重要です。事実をしっかりと把握できれば、より正確な対応ができると言うものです。

ほかの人から報告や連絡を受けて情報を知ることもありますが、他人の目を介した情報には主観が混じる可能性もあります。特に重要な情報については、自らの目で確認する習慣を身につけていきましょう。