朝礼ネタ 7月25日:かき氷の日に関する一分間スピーチ

7月25日は「かき氷の日」です。
最近は、とても有名になっているのでご存知の方も多いと思いますが、
かき氷には、色々な味のシロップがありますよね。

イチゴにメロン、レモン、ブルーハワイ…
実はこれ、「すべて味は同じ」ということをご存知ですか?

中には、「イヤ、絶対に違う味だ」という方もいらっしゃいますが、
実は、香料によって香りが違うので、違う味に感じるだけなんです。

もちろん、宇治金時や、カルピス味などのように
ちょっと特殊なものは味を変えていますが、
メジャーなものは、味が同じなんだそうです。

今、驚いた表情をされている方もいらっしゃいますが、
こうして意外と知らない事実を知ると、びっくりしますよね。
その驚きは、強烈な印象を与えるので、
どんどん話の続きが気になってくるようになりますし、
よほどのことが無い限りは、その話を忘れることもなくなります。

人に物事を伝えるときは、インパクトのある話の方が伝わりやすいでしょうか。
それとも、インパクトのない話の方が伝わりやすいでしょうか。
おそらく、ここにいるみなさんが「インパクトのある話」と答えると思います。
そう、これは誰もが知っている当たり前の事実なんです。

では、改めてお聞きしますが、みなさんは物事を伝えるときに、
しっかりとインパクトのある話をしているでしょうか。
こちらは、なかなか実行できている人が少ないと思います。

誰もが知っているとに、実行をしない…というのは
非常にもったいないことだと思います。
それだけ「当たり前のことを、当たり前にこなすことは難しい」
ということでもありますけどね。

でも、当たり前のことをしっかりとこなせば、
それだけ成果が表れてくる…ということでもあります。
ぜひ、今一度、自分にとっても当たり前を洗い出し、
それを実行できているのかどうかをチェックしていきましょう。