朝礼ネタ 四角いスイカに関する一分間スピーチ

先日、スーパーに行ったら「四角いスイカ」が展示されていました。
中には販売されているお店もあるようで、
YouTuberとして有名なHikakinさんは
2万円以上のお金を出して購入されていました。

ところで、みなさんは四角いスイカの作り方をご存知ですか?
実は、スイカが小さいころに立方体のアクリル板に入れてしまうのです
こうすることで、成長するに連れて四角いスイカになっていきます。

スイカと言えば丸いのが当たり前ですが、
それを四角にすることで物珍しさによって、
1万円や2万円をポンと出す人が出てきます。
まだまだ既存の商品に、こんなにも付加価値を付けられるという
面白い事例だと思います。

ただ、この四角いスイカは観賞用であって、食用ではありません。
実際に食べられないこともありませんが、
やはり丸いスイカより品質が落ちてしまうそうです。

このことから、「枠を嵌めて、成長を妨げる」という
たとえ話にも使えると思います。

この四角いスイカを使ってたとえ話を考える…というのは
先日参加したセミナーで行われたものなのですが、
こうして、ちょっと身の回りのものに注目してみると、
すぐに色々な発想やアイデアが生まれるものだと思いました。

その他にも、スイカから連想される色、形、模様、季節など、
色々なものから連想をすれば、
どんどん色々な話を作ることができるでしょう。

もし、みなさんなら、この四角いスイカのお話を
どのように私たちのビジネスに結びつけますか?

このようなたとえ話を作る力は、
私たちの伝達力や表現力に大きく関わってきますので、
ぜひ、考えてみてください。