朝礼ネタ 真剣な人を笑わない

先日、Twitterでとある書き込みが、ちょっとした話題になりました。それは、保護者の方が幼稚園で言われた、おゆうぎ会に関する注意事項です。その内容は、「子どもの演技を見て笑わないでください」というものです。たとえ、可愛らしくても、微笑ましくても、笑うのは好ましくないそうです。

なぜなら、子どもたちは真剣に演技をしているからです。決して笑わせようとして舞台に立っているわけではありません。

確かに、私たち大人でも、笑わせようとしていない場面で笑われるのは「恥ずかしい」と感じるものです。また、人は、自分のことになると傷つきやすくなるものですが、相手のこととなると意外と気が回らなくなってしまいます。この点には十分に注意したいですね。

そしてもう1つ。人の行動を笑うことには何も意味がないことも知っておきましょう。人のことを笑うことで、自分の実力が上がるわけではありません。大切なのは自分を磨くことですから、その目的も忘れないように心掛けていきましょう。

<補足>
子どもたちが、わざと笑わせたり、ふざけたりしている場合は大いに笑ってあげましょう!