朝礼ネタ 自動販売機と目線に関する一分間スピーチ

今日は、自動販売機についてお話したいと思います。
いきなりですが、問題です。

人は、自動販売機の中に入っている商品を
どのような順番で見ているでしょうか?

上からだと思いますか?
それとも下からだと思いますか?

正解は下から上に向かって見ていきます。

少し前までは、文書などと同じように、
左上から右下に向かって目線が動くと
信じられていました。

ですが、人の目線を記録する装置を使って調査すると
下から順番に商品を見ていることが判明したのです。

ですから、最近では主力商品を下に配置する
自販機が増えてきました。
たとえば、ダイドーなどのように
コーヒーを主力としている場合は、
コーヒーが下に並んでいます。

そういえば、寒い季節になると販売される温かい飲料も
以前は上段に並んでいたにも関わらず、
最近はもっぱら下段に並んでいるような気がしますね。

普段から見慣れているものでも
脳科学などの別の視点を交えてみることで、
普段とは違った考えを得ることができます。

今、部屋の貼ってあるポスターは、
本当にここがベストなのでしょうか?
色や大きさ、周りの掲示物との関係は適切でしょうか?
商品の並びや価格表をもっと売上に繋がるようにできないでしょうか?

まだまだ改善できることは山ほどありそうですね。
みなさんも、私と一緒に新たな知識をビジネスに結び付け、
新しい価値を生み出していきましょう。