朝礼ネタ 今年の2月は「823年の1回」の珍しい月!

もうすぐ2月ですね。
実は、今年の2月のカレンダーには、
私たちの人生で二度とこない奇跡が起きています。

なぜならば、月曜日が4日、火曜日が4日、水曜日が4日、
木曜日から日曜日もすべて4日ずつと、
すべての曜日が4日で構成されているからです。

なんと、このような2月は
823年に一度しか発生しないそうです。

このことから香港の風水師によると
とてつもない長者を呼ぶ事実であるとして、
最低5人や5人グループにこの内容をシェアすれば
金運が大きく高まると言われています。

いやー、今年の2月はこんなにも特別なんですね。
私も、この話を知って非常に驚きました。
もしかすると、私たちの仕事にも、
特別な何かが舞い降りてくるかもしれません。
ぜひ、これからやってくる2月が
私たちにとって特別な月であるように、
しっかりと目標立てて行動していきましょう。

…と、ここまでが前置きです。

ちなみにお聞きしますが、
この話を本当に信じてしまったという方は
いらっしゃいますか?

実は、私が今、お話したのは
LINEで回ってきたチェーンメールのようなもので
完全なるデマです。

2月は28日ありますね。
そして、1週間は7日です。
その28から7を割れば4になります。

そう、実はうるう年でもない限り、
必ずさきほどの条件に当てはまるのです。

こうして冷静に考えたり、
来年の2月のカレンダーを見てみたりすると
すぐに気が付けるのですが、
さきほどのチェーンメールには、
その冷静な判断をさせないための工夫がされていました。

実は、「11分以内に誰かに伝えないと効果がないですよ」
みたいな内容が書かれているのです。
これに脊髄反射してしまった方が
たくさんシェアをしてしまったのでしょうね。

もし、さきほどの話の中で「私、ちょっと信じちゃった」という方は、
素直な性格をされているのでしょうね。
ただ、ちょっと騙されやすいので注意が必要です。

もし、ビジネスでウソやデマを信じて、
それを発信してしまおうものなら
お客様や社会からの信頼を失いかねません。

今や「情報の裏付けを取れ」というのも
月並みな言葉になりましたが、
それでも情報に流されてしまう人がいるのも事実です。

改めて情報の有益性とリスクの両側面について考え、
正しく向き合うようにしていきましょう。