朝礼ネタ 梅雨と熱中症対策に関する一分間スピーチ

梅雨の時期に入り、雨や湿気がうっとおしくなってきました。
この時期は「ジメジメする」「蒸し暑い」という話が多くなってきますが、
それ以上に注意しなければならないことがあります。

それは熱中症です。
熱中症は7月・8月などの夏本番ではなく、
梅雨の時期の方が発症しやすいのだそうです。
特に、梅雨があける時期は、湿気・気温ともに高くなるので、
最も注意が必要な時期になります。

この熱中症の対策として「水分が大事」と言いますが、
水分だけでは足りません。
夏場は汗を書くことで水分が抜けていくから間違いではないのですが、
汗に含まれるその他の成分を忘れてはいけません。

汗に含まれる成分と言えばミネラルが挙げられますが、
要するに水分だけでなく塩分をとってくださいということになります。
水に味が変わらないくらいの塩を入れても良いですし、
塩をなめるだけでも構わないので、覚えておくと良いでしょう。
また、ご家族・お子さんにも教えてあげてくださいね。