朝礼ネタ 効果と信頼に関する一分間スピーチ

今日は、教育効果についての公式をご紹介します。
教育効果を求める公式は…

こちらです。

教育効果=指導力×信頼

指導力が高ければ高いほど良いのは
なんとなく分かりますね。

でも、ポイントはこの掛け算です。

どんなに素晴らしい指導をしたとしても、
教育する方の信頼が0であれば、教育効果はありません。

「誰がこんなヤツの言うことなど聞くもんか」
…という状態になってしまい、
教育を受けている側のモチベーションを下げてしまいます。

一方、あまり凝った指導ができないような方でも、
普段からの信頼を得ていると、
「この人の言うことはきちんと聞こう」となり
教育効果が高くなるのです。

よく「子は親の背中を見て育つ」なんて言いますね。
これは、我々社会人にも同じことが言えます。

普段から、あなたの背中が見られていることを意識しておきましょう。
普段から、部下や後輩の模範となれることを意識しておきましょう。
普段から、部下や後輩の憧れの存在になれることを意識しておきましょう。

その普段からのちょっとした態度こそが信頼関係を築き、
「いざ」という時の教育効果を上げることになるのだと思います。

=================

売上と信頼で行う場合は、
「売上=営業力×信頼」となります。

さらに、営業マンへの信頼だけでなく、
会社への信頼、商品への信頼もあり、
色々な話に発展させることができます。