朝礼ネタ タイム・サブミッシブ

私の友人に、少し時間にルーズが人がいます。
待ち合わせ時間を設定しても、
必ず10分近く、もしくはそれ以上遅れてきます。

こうして遅刻をする人は、時間の計算がヘタだったり、
時計を5分早めても、
「この時計は5分早いからまだ大丈夫」と
時間に対する意識が非常に薄いのが特徴です。

ただ、そんな友人をちょっとしか簡単な工夫で
遅刻させずに済む方法がありました。

聞いてみると、「え?そんな方法?」と
言われるくらい、ものすごく簡単な方法です。

それは、集合時間を15時や15時半など
キリの良い時間ではなく、14時28分のように
中途半端な時間を設定することです。

こうして中途半端な時間を設定すると、
時間への意識が高まり、遅刻をしにくくなります。
こうした考え方を「タイム・サブミッシブ」と言います。

実は最近、この考え方が企業でも活用されるようになってきました。
たとえば、ミーティングの時間設定が挙げられます。
ミーティングの冒頭で、
「今回のミーティングは17分で終わらせます」など
中途半端な時間を宣言してみましょう。
すると、参加者全員に意識を引き上げることができ、
無駄な時間を消費せずに済むようになるのです。

私たちの勤務時間に限りがある以上、時間は大切な資源です。
お金にしろ、人にしろ、情報にしろ、そして時間にしろ
資源をうまく活用できる人が、
高品質が仕事を展開できるので素。

時間管理に課題を抱えている方は、
ぜひタイム・サブミッシブの考えを参考にして、
時間資源を有効に活用していきましょう。