朝礼ネタ 守破離に関する一分間スピーチ

みなさんは「守破離」という言葉をご存知でしょうか。

これは、弟子が師匠に物事を教わる際の心構えになっていて、
それぞれ「守る・破る・離れる」という順番で
物事を修得していくことを表しています。

まずは教えを守る「守の段階」では、
師匠の教えを忠実に守るようにしてください。
師匠は何年・何十年にもわたって培ってきた
ノウハウを伝授するわけです。
1つ1つの指示だけでなく、全体の流れや運用にも
きちんと意味が込められています。

次は教えを破る「破の段階」です。
ここでは、師匠の教えに自分の工夫を加えていきます。
守の段階で、全体の流れや、
個々の作業をしっかりと習得しておけば、
そこに疑問や改善点を見出せるようになります。

最後は教えから離れる「離の段階」です。
そして離の段階では、型に捕われない創造を行います。

これが守破離の考え方なのですが、
個人的には「破る」と「離れる」を入れ替えた
「守離破」も好きです。

まずは、会社のやり方やルールをしっかりと守り、
ある程度できるようになったら、
一歩離れて、客観的に分析を行います。
そして、型を破り、より良いものを創造するという流れです。

いずれにしても、まずは長年に渡って最適化されてきた
基本を守ることが大切です。
基本を守りながら学ぶことで、
その先の段階が見えてくるようになります。

当たり前だけどなかなかできない教え方のルール
当たり前だけどなかなかできない仕事のルール(新入社員必携)