朝礼ネタ 線香花火

今日は、線香花火を長持ちさせる方法についてご紹介していきたいと思います。線香花火を長持ちさせるには3つのポイントがあります。

1つ目は、火をつける前に線香花火が真っすぐになるように伸ばしておくこと。2つ目は、線香花火の上の方ではなく、中央よりもやや上あたりを持つことです。あまり上の方を持ちすぎると風などで揺られてしまい、すぐに花火が落ちてしまいます。

ここまではご存知の方も多いと思いますが意外と知られていないのが3番目のポイントです。線香花火を持つときは地面に対して真っすぐ垂直にするのではなく、斜め45度に傾けて持つようにしましょう。実は垂直に花火を構えると、持ち手となるこよりの部分の花火の玉の接点が小さくなるので、それだけ花火が落ちやすくなってしまうのです。一方、斜め45度に構えておけば、こよりと花火の玉の接点が広くなるので、その分だけ花火が落ちにくくなります。これが線香花火を長持ちさせる方法になります。

このように、どのようなものにも正しい使い方や長持ちさせる方法があります。ビジネスでも、在庫や備品の取り扱い方に注意を払うことで物を長持ちさせ、長く使い続けることができます。これにより、資源の無駄を省いたり、コストを抑えたりすることができますので、物は大切に取り扱っていきましょう。