朝礼ネタ 相手に伝わるコミュニケーション


※画面が暗くて申し訳ないです。
※以下は、マジックをしなくても話せるスピーチ原稿です。

朝礼スピーチの原稿はここから

私たちは常日頃からコミュニケーションをとりながら仕事を進めています。たとえば営業であれば、お客様への商品の提案。上司や先輩であれば、部下や後輩への指示、指導、教育をする…という形でコミュニケーションをとっています。

では、コミュニケーションにおいて相手にメッセージを届ける際に重要なことはなんでしょうか。それは、正しいメッセージを伝えること…ではありません。大事なのは伝えることではなく、伝わるかどうか…、相手の心に届くかどうかということです。

たとえば営業の場合、お客様は営業マンを警戒するので、なかなか話を聞いてもらえないですし、信じてもらえません。そんな相手の心を溶かして、メッセージを届けるには大きく2つのポイントがあります。

1つは、「今、あなたに必要な商品はこれです。なぜなら~」というように、本人だけに向けたメッセージを送る…ということ。そしてもう1つは、熱意をもって、真剣に本気で伝えることです。そうすれば、必ず相手の心にまでメッセージが届くようになります。

営業トークが下手な人の中には、こんな人がいます。「今、この商品をみなさんにおすすめしています」とお話しする人です。でも、これは絶対に心に響きません。なぜなら、私が欲しているのは、私のための商品だからです。みんなのための商品なんていりません。

さらに、その商品がなぜ私にとって必要なのか、私がそれを手に入れることで、どのような変化が起きるのか…という根拠や熱意を込めて説明してくれれば、「あ、この人は本当に私のことを想ってくれているんだな」と感じてもらえるようになります。

なので、私はコミュニケーションをするときは、「相手を見ること」、そして熱意をもって真剣に本気で伝えていくこと…。これをしっかりと心掛けていきたいと思います。