朝礼ネタ 先生を選ぶポイント

早速ですが問題です。子どもに音楽を習わせることにしました。では、次の3人の先生のうち、誰に教われば子どもの成長や成功に繋がりやすくなるでしょうか。

1番、優しく穏やかに教えてくれる先生
2番、ビシバシと厳しい先生
3番、有名な音楽家

このうち、最も成功を納めやすくなるのが1番の優しく穏やかに教えてくれる先生です。実際に有名な音楽家にインタビューをすると、「子どもの頃に先生が音楽の楽しさを教えてくれた」とか「先生のレッスンが待ち遠しかった」という声が多いそうです。

音楽家として大成するには何よりも練習が大切です。でも、先生とのレッスンが楽しければ、その練習は苦痛になりません。むしろ楽しい時間としてどんどん蓄積されていくのです。言わばモチベーションの問題ですね。

これは、私たちが新しい学びに挑戦したり、これから入社してくる新人を教育したりするのにも同じことが言えるでしょう。「優しい」ということが唯一無二の答えではないと思いますが、学習や教育のヒントになるのは間違いないと思います。