朝礼ネタ パワーポイント

最近は、パワーポイントを禁止にする企業も出てきているようですね。パワーポイントを上回るツールや手法があってのルールであれば問題ないのですが、中には「パワーポイントは効果がないから」という理由で禁止にする企業もあります。

それは本当に、パワーポイントに効果がないのでしょうか。私は、おそらくパワーポイントを効果的に使えていないだけだと思います。

そもそもパワーポイントの目的は何でしょうか。スライドを作るのに一生懸命になる人が多いですが、それにより、スライドを作ることが目的になってしまっている方がいます。でも、それは違いますよね。大切なのは、何のためにスライドを作っているのか…ということです。

パワーポイントの「ポイント」は自分の主張を表し、「パワー」は強調や説得を表します。つまり、「パワーポイントとは、自分の主張に説得力を持たせるツール」なのです。ですから、単にパワーポイントを使用するのではなく、自分の主張を分かりやすく、印象付けるような使い方をしなければ効果がありません。

スライドが持つ視覚に訴える表現力、聴覚に訴える表現力。これと併せて自分自身のメッセージや表現力をうまく組み合わせることで効果的なプレゼンテーションができるのだと思います。

プレゼンもそうですが、どのようなことを行う場合でも本来の目的を見失わないように気を付けていきましょう。