朝礼ネタ やる気に関する驚きの科学

「人は、報酬があると成果が下がる。」
「人は、報酬が高くなれば高くなるほど成果が下がる」

さて、みなさんは、このように言われて
信じることができますでしょうか。

心理学において、動機づけには2つの要因があるとされています。
1つ目はやる気やモチベーション、2つ目は報酬です。
それぞれ、動因と誘因という言い方をすることもあります。

基本的に、工場の流れ作業などのように
「やることが決まっている仕事」
「答えが一つしかない仕事」については
報酬を高くするほど成果が上がります。

でも、業務改善、企画やアイデア出し、
新しいデザインの作成などのように、
クリエイティブな仕事については、
報酬が成果に直結しないんです。

クリエイティブな仕事で、高い成果を上げるには
本人のやる気が重要になります。
そのやる気を起こさせるには、
自主性、成長、目的という3つの要素を
刺激することが大切になります。

自主性は、仕事のやり方を自分で決めたいという欲求。
成長は、大切なことについて上達したいという欲求。
目的は、自分の力で大きなことを成し遂げたいという欲求です。

この考え方は、部下や後輩の育成はもちろんですが
自己マネジメントにも役立つと思います。
ぜひ、参考になさってください。

なお、今回のスピーチはTEDにて配信されている
「やる気に関する驚きの科学」という動画の内容になります。
有益な情報がたくさんありますので、
ぜひ、一度ご覧になってみることをお勧めします。

やる気に関する驚きの科学