朝礼ネタ 写真撮影で自然な笑顔を引き出す方法(三分間スピーチ)

私が撮った写真は、よく「笑顔が素敵だね」と言われるのですが、
これに関しては、相当な自信を持っています。
そこで今日は、写真撮影時に自然な笑顔を
引き出す方法についてご紹介したいと思います。

まず、子どもやペットがいる方には、
子どもやペットがその場にいるつもりで
抱っこのポーズをとってもらいます。

「○○さんって、ペット飼ってますか?」
「いつも、どんな風に抱っこしているんですか?」
「本当に、そこにいるつもりで抱っこしてみてください」
というと、ちゃんといつもの笑顔になるんです。
そこですかさず、『勝手に』シャッターボタンを押します。

また、写真を撮る前に気合を入れて、
一瞬だけ真顔になる人がいます。
こんな人がいたら「○○さんは表情が硬いね。こんな感じ。」と言って、
撮影者自身が急に真顔になります。
すると、相手がおかしくなって笑ってくれるので、
『勝手に』シャッターを切ります。

やはり無理に作った笑顔ではなく、
自然な笑顔の方が魅力的に映るのだと思います。

私が行っているのは、何も特別なトークではありません。
その場や、その方に合わせて、普通の会話をしているだけです。
でも、この普通の会話というのが、なかなか侮れません。

表情が柔らかくなり、自然な笑顔を引き出すのと同じく、
相手の心を柔らかくしてくれるのも、また会話術です。

写真を撮影するときというのは、
相手の表情をよく見ることになりますし、
その方の性格や、その場の行動に合わせて
声かけをすることになります。
これが、意外とコミュニケーションの練習になりますので、
ぜひ、みなさんも試してみてください。