朝礼ネタ ペナルティの穴

ここ最近、救急車の出動数がどんどん増加しているそうです。中には深爪程度で救急車を呼ぶ方もいて、これでは本当に急を要する人のもとに、すぐに駆けつけられない可能性も高まっていきます。

そこで救急側の対応としては、救急車の出動を有料化しようという案が出ているそうですが、まだまだ現場レベルでは反対意見が多いようです。

私も有料化には少し否定的な見方をしています。というのも、有料化することで「金を払えば良いんだろう」という考え方の人が増え、119番を活用する人がますます増えるのではないかと懸念しています。

実際に、似たようなデータも存在します。とある託児所で「子どもの迎えに遅刻したら300円」というペナルティを課したのですが、ペナルティを課したことで、遅刻が2倍に増えたそうです。これは、「遅刻したら300円支払わなければならない」という事実を、「300円払えば遅刻しても良い」という形に変換して認識されてしまったことに原因があります。

人間の心理は思わぬ形で行動を生むことがあります。こうしたデータを逆手に取れば、思うような形に誘導できるかもしれませんし、有効なペナルティを設定することもできるようになるかもしれません。心理学や脳科学は非常に面白い分野だと感じておりますので、今後もしっかりと勉強していきたいと思います。