朝礼ネタ 無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ。

商売の心構えのひとつに、こんな言葉があります。

無理に売るな、客の好むものも売るな、
客のためになるものを売れ。

お客様が望まない商品を無理に売っても満足感は生まれません。
リピーターにならないどころか、悪評が広まる可能性も有ります。

では、お客様が「これが欲しい」といったものを
そのまま売れば良いかと言うとそんなこともありません。

まずは、お客様がその商品を求める
目的や理由をしっかりと把握しましょう。
もしかすると、その目的を叶えるためには、
別の商品の方が好ましいかもしれません。

でも、お客様はそんなこと知りません。
そんな商品があることを知らないかもしれませんし、
活用方法を知らないのかもしれません。
ですから、お客様の言う「これが欲しい」というのは、
必ずしもお客様のためになるとは限らないのです。

私たちは、当社の商品について、
誰よりも知識を持っています。
その知識を活用すれば、
もっとお客様のためになる商品を提案することができます。

そうすることで、満足を超える感動を得られ、
リピーターや信頼の獲得に繋がっていきます。