朝礼ネタ 店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何

商売の心構えのひとつに、こんな言葉があります。

店の大小よりも場所の良否、
場所の良否よりも品の如何。

この名言は、店構えや立地よりも
取り扱っている商品の質が重要であるという
商売の基本を表しています。

いかに小さく、ボロい店構えであったとしても、
商品が良ければお客様が集まってきます。

また、立地が悪くとも
わざわざ遠方から商品を求めてやってくることもあります。
加えて現代ではネット通販などもあるので、
なおさら商品やサービスの質が求められているのです。

そのため、開発部門の方は当然ですが、
同じ会社に所属する者として、
私たち全員が、当社の商品や関連商品に
しっかりと目を向ける必要があります。

その上で、アイデアや改良案などがあれば窓口に提案し、
みんなでより良い商品を作り上げていきましょう。