朝礼ネタ 商売は世のため、人のための奉仕にして、利益はその当然の報酬なり

商売の心構えのひとつに、こんな言葉があります。

「商売は世のため、人のための奉仕にして、
利益はその当然の報酬なり」

まず、商売は奉仕であることをしっかりと認識しましょう。
お客様のために付加価値を提供することが
会社のためになり、ひいては自分のためになるのです。

そしてもうひとつ。
みなさんの中には、お客様に代金の話をするときに
申し訳なさそうな態度を取ったり、
不必要なまでにへりくだったりする方がいます。

私たちは、対価に見合った付加価値を創り、
それを提供しているのですから
堂々と伝えるようにしてください。

その堂々とした態度こそが、
商品やサービスに対する自信の表れとなり、
お客様からの安心感や信頼感を得られるようになります。

自分自身にとっても、お客様にとっても
気持ちの良いやりとりというのは、
ここに秘訣があるのだと思います。