朝礼ネタの情報源

朝礼ネタの源泉はどこにある?

私は朝礼ネタの情報源として以下のようなものを使っています。

  • メディア(新聞・雑誌・テレビ・ネット)
  • ビジネス上の体験、気づき
  • 日常の体験、気づき
  • 外部セミナー
  • 書籍
  • SNS
  • 普段の雑談内容など

重要なのは「朝礼ネタにできないか?」という意識

同じ情報を見ても、それをスピーチネタにしようと思う人と、そうでない人がいます。それは、単純な意識の差でしかありません。普段から「スピーチのネタはないかな?」と探すように心がけておけば、見るものの多くがスピーチネタのタネに見えてきます。それが習慣づくと、特に意識をしていなくても、「あ、これスピーチで使える」と気づけるようになるのです。

スピーチネタはあちこちに転がっている。単に気付こうとしていないだけ。

  • テレビで流れたクイズやお役立ち情報を朝礼ネタにしても良い
  • インターネットで見かけた面白情報を朝礼ネタにしても良い
  • SNSで友達が投稿した内容を朝礼ネタにしても良い
  • セミナーの先生が言っていた役立つ知識を朝礼ネタにしても良い
  • 本に書いてあった教訓を朝礼ネタにしても良い
  • 自分が接客を受けたときの対応を朝礼ネタにしても良い
  • 子どもが熱中する姿を朝礼ネタにしても良い

関連:意識を高める訓練方法を朝礼ネタにしました

ジャンルから情報を探す

このサイトでも「ビジネス」「日常」「商品」「名言」「健康」「雑学」「季節」など、さまざまなジャンルを取り扱っています。ある程度、朝礼ネタになりそうなジャンルを頭に入れておけば、インターネットで簡単に情報収集することができます。

個人的にお勧めなのは「名言」です。今や、インターネットで「名言」と検索すれば、あらゆるジャンルの著名人の名言を調べることができます。それこそ、「人間関係に関する名言」「人生に関する名言」「仕事に関する名言」「経営に関する名言」「健康に関する名言」「恋愛に関する名言」「メンタルに関する名言」「専門分野に関する名言」など様々です。一見、恋愛に関する名言はビジネスと関連のないように思えますが、恋愛の名言が接客に役立つこともあります。

なぜ名言が良いのか

名言には、発言者の想い・実感・感情などが込められているので、関連エピソードを添えつつ紹介することで印象強いスピーチに仕上げることが可能です。基本的に、名言は経験から来る教訓ですから説得力があるのです。

実は、著名人の名言でなくとも、「自らの実体験から得た教訓」で同様の深みを持たせることが可能です。そのため、私自身は「自らの実体験」こそが一番の武器になると考えています。

でもやっぱりオススメサイトが知りたいよね!

面白くてとっつきやすいニュースサイトたちです。