朝礼ネタ 人が最も怖いと感じるもの

突然ですが、みなさんに質問です。人が最も怖いと感じるものは何でしょうか。人の感覚のお話ですから、これが正解…というものはありませんが、多くの人に共通するのが「未知」です。つまり、「分からないものが怖い」ということが挙げられます。

たとえば、お化け屋敷について考えてみましょう。もし、お化け屋敷の通路に、「5m先の角で、左側から2体のゾンビが飛び出してきます」と書いてあったらいかがでしょうか。少なくとも心構えができますから恐怖感は大きく下がりますよね。お化け屋敷の何が怖いものと言えば、「いつ、どこで、何が出てくるかというのが分からないドキドキ感」にあります。これが人の恐怖心を高めるからこそ、さまざまな仕掛けで驚く人が出てくるのです。

このように、人は分からないを脅威と感じるため、とても慎重になります。これは、お化け屋敷のみならず、新しい商品やサービス、技術などにも同じことが言えます。「新しい」ということだけで二の足を踏む方がいらっしゃるのです。

これを解決するには、どの会社の商品なのか、誰が販売しているのか…などがとても大切になってきます。つまり、日常の信頼が大きく影響を及ぼすわけです。私たちは常日頃から「信頼」という言葉を口にしますが、それは想像以上に大きな影響力を持っているのだと思います。