朝礼ネタ 交通事故が少ない理由

2017年、岩手県は人口10万人あたりの交通事故発生数が47都道府県中46位ということで、かなり交通事故が少ない県となっています。その理由の1つに、岩手県内の一部地域で行われている、とある取り組みが挙げられます。

実は、岩手県の一部の地域では、横断歩道を渡る際、車の運転手に一礼をするのが当たり前なんだそうです。まずは学校で教えられ、それを大人になってからも実行している方が多いです。

これは、運転手と歩行者の間でコミュニケーションがとれているのでトラブルが減っている…ということですね。また、何かとイライラさせられがちな運転手と歩行者の関係も良好なものになります。

以上のように、円滑なコミュニケーションは関係者に和をもたらし、同時に成果にも影響します。当然、これは交通事故のみならずビジネスにおけるチーム活動にも同じことが言えます。普段からホウレンソウを含めたコミュニケーションを大切にしていきましょう。