3匹のこぶたに関する一分間スピーチ・朝礼ネタ

今日は童話、三匹の子豚の原作についてお話しします。

現在、絵本となって普及している三匹の子豚は、
わらの家が吹き飛ばされ、木の家が吹き飛ばされ、
家を失った兄弟がレンガの家にあつまり、
オオカミを追い払うというお話でした。

しかし、原作は異なります。
家を吹き飛ばされた子ぶたは食べられてしまいます。
そして最後にレンガの家を作った子ぶたは、
おおかみを煮て食べてしまいます。

とても残酷なように見えますが、
もちろんきちんとした意図があります。
この作品が書かれた中世ヨーロッパでは、
オオカミは「犯罪者の象徴」です。
つまり、この物語には「悪いことをしたらこうなる」
という教訓があるのです。

小学生も高学年くらいになったら、
このような教材での学習も悪くないと思います。
というのも脳科学では、怖いもの・恐怖感というのは
記憶に残りやすいと言われています。

世の中の仕組みや倫理という大切なものを教えるのですから
より効果のある教育が好ましいとも考えられるのではないでしょうか。

参考:三匹の子ぶたの原作版(日本語)