朝礼ネタ 日常生活で見られる改善点

普段、電車の改札をとおるときは電子マネーを使用しているのですが、先日、とある理由から普通電車の切符と、特急電車の乗車券を購入することになりました。

どちらも券売機を使って購入するのですが、特急券を購入するときは、乗車駅と降車駅を選ぶ形で操作を行います。一方、普通電車の切符を購入するときは、券売機の上に書かれている金額表記の一覧から目的駅の金額を探し、券売機の中からその金額を選ぶ形になります。

さて、もう何となく言いたいことは想像できるかと思いますが、もし、普通電車の切符購入の際、券売機に駅名が表示されたら楽だと思いませんか?むしろ、なぜ今も金額が並んでいるのかが不思議でなりません。駅名をアイウエオ順に並べるも良し、路線図順に並べるも良し。おそらく、切符の購入に迷う方が少なくなることでしょう。

このように日常で感じた不便さは、改善の芽になります。どのような物事でも当たり前になると、それに対する疑問を抱かなくなるものですが、それは改善の芽を摘むも同然です。不便さをそのままにするのではなく、常日頃からそれを何とかしようとする意識を持つように心がけていきましょう。