朝礼ネタ 人力アプリに関する三分間スピーチ

スマートフォンアプリのひとつに
「Dr.Wallet」という家計簿アプリがあります。
レシートを撮影して送信すると
自動的に商品名と値段を記録してくれるという
非常に優れたアプリです。

でも、このアプリには
思わず「ありえない」とか
「その発想はなかった」と
つぶやいてしまうような
隠された秘密があります。

実は「自動的」じゃないのです。

TV番組「特ダネ」にて
「Dr.Wallet」の裏側が紹介されていました。
そこには、パソコンを使って
カタカタと入力をする女性の姿が…

そう、実は利用者によって送信されたレシートは
全国500人以上ものオペレーターの手で
ひとつひとつ入力されていたのです。

まさか、スマートフォンアプリの裏側で
人間が頑張っている姿を見るとは
思いもしませんでした。

このように人は、一見「ありえない」と
思われるような発想をさも当然のように行います。
私は、成功する人としない人の違いが、
その「ありえない」という物事を切り捨てるか、
どうすれば達成できるかを考えるかに
あるのではないかと考えています。

現に、こうして「ありえない」という発想をした人が
500名ものオペレーターを抱えるほどの規模の
成功を収めているわけです。

みなさんの頭の中に「ありえない」と
思えるような物事が浮かんだら、
すぐに切り捨てるのではなく、
まずは検討してみてはいかがでしょうか?

他の方から飛び出てきた
突拍子もない発想を否定するのではなく、
肯定してみようとするところから
始めてみてはいかがでしょうか?

もしかすると、面白いアイデアや企画が
生まれるかもしれませんよ?

参考:J-CASTテレビウォッチ