朝礼ネタ 自己肯定感

みなさんの身近に「普段から気配りが行き届いている方」や「親切な方」はいらっしゃいますか?もし、いらっしゃるのであれば、その方のことを、よーく思い出してみてください。

では、ここで質問です。今、思い浮かべた方は、結構、前向きで元気のいい方ではないでしょうか。

実は、他人に親切な方ほど、自分を肯定する感情が強いと言われています。人が他人に親切にするためのモチベーションは、自分にあります。「良いことをした自分がかっこいい」というのもありますし、「何とかしてあげたい」という心理を解消するためのものとも言えます。

つまり、誰かに親切にするという行為は、自分にとっても気持ちが良いものなのです。こうした行動を続けていると、ポジティブな自己像を持つようになり自分の自信が持てるようになります。実際のところは、こうした心理の動きを意図して親切にしているわけではありません。むしろ、本気で「人のために」と思って行動しているからこそ、自分の満足度も高くなっていくのです。

もし、「最近はちょっと気配りや親切心が欠けているかな?」とか「少し心身ともに疲れてきたな」なんていう方は、まず小さな親切や気配りから始めてみたらいかがでしょうか。たった1つ、店員さんなどにお礼を言って、その笑顔を引き出すだけでも気分の高揚が感じられると思います。こうして心理面から考えると、どうしても下心があるように思えてしまうのですが、自分自身の満足感や多幸感、そして他人からの評価の両方を得ることができますので、ぜひ試してみてください。