朝礼ネタ 交渉に強い人

今日は交渉の心構えについてお話ししていきたいと思います。早速ですがみなさんに質問です。「交渉に強い人」ってどんな人だと思いますか?

ひとつの正解に「交渉に勝つ必要がない人」が挙げられます。なぜなら無理に契約を結んだり、良い条件を獲得する必要がないため、負けがないからです。

これは相手との関係性や取り扱っている商品にも関係しますが、それ以上に心構えとしても大切なことだと思います。

「この交渉が台無しになっても構わない」と考えれば心に余裕が生まれます。これにより、自分の主張にこだわらなくなるので、より相手のことが見えるようになりますし、契約を結べなかったときのダメージも少なく、自信やモチベーションを崩す心配もなくなります。

また、余裕が自信となり、相手にとって魅力的に映るため、かえって契約が取れるケースもあります。

目標達成のために数字や成果を獲得しなければいけないのは間違いありません。でも、数字のために、ただ必死になれば相手が言うことを聞いてくれる…というものでもありません。

交渉時のメンタルは自分の行動や相手の反応に大きな影響を及ぼします。この考え方で自分のメンタルを万全に持っていける人がいるのであれば、ぜひ参考にしてみてください。