朝礼ネタ ドッペルゲンガー

みなさんはドッペルゲンガーをご存知でしょうか。
ドッペルゲンガーとは自分の生き写しのことで、
出会うと不幸が訪れるという言い伝えがあります。

ですが、最近は
海外にて「ドッペルゲンガーを探すサービス」が流行っているのです。
実際のところは、ドッペルゲンガーではなく、
世界中の登録者の中から、自分のそっくりさんを見つける…というものです。
このサービスを使って、自分のそっくりさんを見つけることができた方が
実際に国境を越えて、会いに行くなどの動画も公開されています。

このサービスを知ったときに私が思ったのは
やはり、人は誰しも自分に強い興味があるんだな…。
それほど自分が好きなんだな…ということです。

また、それと同時に共通点を持った仲間を求めるという
傾向があることも分かります。

人は、自分と同じ共通点を持った人に親近感や共感を抱きます。
たとえば、「誕生日が同じ」「出身が同じ」というだけでも、
ちょっとした驚きがあり、会話が弾んでいくようになります。
つまり、心が開かれる…というわけですね。

これは初対面コミュニケーションを
成功させるためのポイントにもなるでしょう。
実際に初対面の方とお話をする際に、
相手との共通点を見つけ、同調することができれば、
会話の運びがスムーズなものになります。
ぜひ、会話術のひとつとして覚えておきましょう。